gv-logo

アシックスV-Swift

【男子世界バレー】ロシア、ブラジルがストレート発進

  • 海外ニュース
  • 2018.09.13

 イタリア・ブルガリアで開催されている『男子世界バレー2018』。現地9月12日は各グループ戦が行われ、ネーションズリーグ初代王者のロシアや、FIVBランク1位のブラジルがストレート勝ちで、大会をスタートさせた。

 

ネーションズリーグ優勝で勢いに乗るロシア(コート奥/写真:FIVB)

 

各グループごとの、9月12日の結果は以下のとおり。

 

■A組(イタリア,アルゼンチン,日本,ベルギー,スロベニア,ドミニカ共和国)

ベルギー(右)は格上アルゼンチンを撃破(写真:FIVB)

ベルギー 3(25-19,25-19,22-25,25-19)0 アルゼンチン

スロベニア 3(22-25,25-13,25-13,25-17)1 ドミニカ共和国

 “レッドドラゴンズ”ベルギーが、FIVBランク上位のアルゼンチンに勝ち切り、白星発進。イタリア代表を率いて、数々の実績を残したアンドレ・アナスタージ監督の手腕が発揮された。

 ドミニカ共和国が第1セットを先取したが、スロベニアはティナ・ウルナルトが両チーム通じて最多18得点をマークし、逆転勝利を収めた。

 

■B組(ブラジル,カナダ,フランス,エジプト,中国,オランダ)

白星発進に笑顔を見せるブラジル(写真:FIVB)

ブラジル 3(25-17,25-22,25-20)0 エジプト

フランス 3(25-20,25-21,25-17)0 中国 ●

カナダ 3(25-15,25-23,25-18)0 オランダ ●

 大会初戦を白星で飾ったブラジルだが、レナン・ダルゾット監督は「チームはとてもいい状態にあります。明日のフランス戦に向けて、しっかりと準備していきます」と、すぐに次戦へ目を向けた。

 同じくストレート勝利を収めたカナダのステファン・アンティガ監督は「この結果に満足しています。完璧なスタートだ!!」と喜んだ。

 

■C組(アメリカ,ロシア,セルビア,オーストラリア,チュニジア,カメルーン)

2010年大会の13位が自国最高成績のカメルーン(コート奥)。飛躍なるか(写真:FIVB)

アメリカ 3(15-25,25-14,21-25,25-20,15-10)2 セルビア

ロシア 3(25-21,25-20,25-16)0 オーストラリア ●

カメルーン 3(25-20,28-26,25-21)0 チュニジア ●

 C組屈指の好カード、アメリカとセルビアの一戦は激闘の末に、アメリカが勝利を収めた。

 ネーションズリーグ初代王者のロシアは、マキシム・ミハイロフ、ドミトリー・ムセルスキーが活躍し、ストレート勝利を収めた。

 チュニジアを下したカメルーンのネイサン・ワウネンバイナ主将は、「最初はこの大舞台に圧倒されましたが、じきに本来の姿に戻りました」と振り返った。

 

■D組(ブルガリア,ポーランド,イラン,キューバ,フィンランド,プエルトリコ)

ポーランドは大会2連覇なるか(写真:FIVB)

ポーランド 3(25-18,25-19,21-25,25-14)1 キューバ

イラン 3(25-19,25-14,25-18)0 プエルトリコ ●

 前回大会王者のポーランドは、アルトゥル・シャルプクが両チーム最多の20得点をマークし、勝利。フィタル・ヘイネン監督は「明日も同じように期待していますよ!」と声をあげた。

 イランはセイエド・ムハンマド・ムーサビエラギが3本のブロックポイントを上げるなどの活躍を見せ、勝利に導いた。

 

男子世界バレー2018熱戦展開中!!

全日本男子が戦った開幕戦の模様は

月刊バレーボール10月号(9/15発売予定)に掲載!!

  • デサントソックス開発秘話
  • AIR×西田有志タイアップ
  • D&Mタイアップ
  • LIGHT COMPO

pagetopbtn